不動産

  

ローンの金利

黒がアクセントのインテリア

サラリーマンの永年の夢は、一戸建てやマンション等のマイホームの取得であると云えます。 一戸建て等のマイホームを取得する際に、多くの方は住宅ローンを組んで購入しています。 現在の住宅ローンの金利はここ十数年で最低レベルになっています。 平成26年4月に消費税率が5パーセントから8パーセントに引き上げになり、引き上げ前には駆け込み需要が発生しました。 また、平成29年4月に消費税率の再引き上げが延期となっており、住宅購入の最適の時期であると云えます。 一戸建て等の購入する際に住宅ローンを組み場合には、年間の返済額を年収の2割以内とすることが理想的とされています。 一戸建て等のマイホームを取得した際には、不動産取得税や登記費用が発生します。 そのほか、新居への引越費用や家具、カーテンなどの購入費用も発生します。

住宅ローンの金利については、変動金利のものと固定金利のものがありました。 変動金利の住宅ローンは、市場の金利に応じて支払利息が変動するものです。 現在の市場の金利は、ここ十数年で最低レベルにありますので、住宅ローンの金利は非常に低いものとなっています。 固定金利の住宅ローンは、一定期間の支払利息が固定されるものです。 市場金利が低い場合でも、約定した固定金利を支払う必要があります。 固定金利の約定期間が終了した場合には、金利の見直し等が行われますが、この時期に変動金利に変更する者が増加しています。 現在の市場金利は最低レベルとなっていますが、景気回復等によって市場金利が上昇することもありますので注意が必要です。 また、金融機関そのものを変更する者も増加しています。

オススメリンク

選ばれるメーカー

暖炉のある部屋

住宅を購入する時に考えなければいけないのが住宅メーカーです。住宅メーカーの数は多いのですが、四季工房は特に多くの人に選ばれている人気のメーカーとして認知されています。

この記事の続きを読む

土地選びの方法

屋根裏の出窓

住宅など建物を建てる前には、その土地の地盤などを把握している必要があるでしょう。もしもの災害のときに崩壊する場合もあるのです。先のことを考えて土地探しを行ないましょう。

この記事の続きを読む

特別な技術

紺色の瓦の屋根の家

宮大工は、日本には欠かせない人材となっています。多くの神社がある日本では、定期的に修繕する機会があるでしょう。その際に宮大工がもつ特別な技術力で修繕に取り掛かるのです。

この記事の続きを読む

新築住宅のデザイン

花瓶の飾られた窓辺

新築住宅をデザインするときに、活用する幅が広いロフトを取り込む人もいるでしょう。ロフトは子ども部屋や物置に活用することが出来るのです。スペースを確保する為には、念入りに設計をしましょう。

この記事の続きを読む